ドローンで撮影された映像をリアルタイムで衛星生中継ができます。
山間地、災害現場などでの活用が期待されます。

利用事例

損害保険ジャパン日本興亜㈱(以下「損保ジャパン日本興亜」)では、大規摸災害時にドローンを使用した被災状況の把握や損害調査を行っています。ドローンからの映像中継には、通常はモバイル回線を使用していますが、災害発生時は地域の通信回線が寸断、輻輳することが予想されるため、その際に備えて衛星中継の利用についても実証試験を行いました。災害時でも安定してつながる衛星回線だからこそ、実際に現場でも活用できるアプリケーシヨンです。

ドローン飛行中

伝送試験

損保ジャパン日本興亜の飛行伝送試験場に小型衛星可搬局を持ち込みました。自社で保有するエンコーダは、通常、モバイル回線を使用していますが、今回は、設定をインターネツト回線伝送モードに変更し、衛星インターネットを利用してリアルタイムでサーバにアップロードを行いました。特別な機材は必要なく、これだけで衛星回線を利用した高画質映像の生中継ができました。

中継画面

利用者の声

損保ジャバン日本興亜では実際の災害訓練などにも参加しドローンを運用しています。このような訓練の場おいては、多数の人が一度に回線にアクセスするため、モバイル回線を利用した生中継では、映像伝送が中断することも多々ありました。それに対し衛星回線は、災害地域の通信環境に左右されることなく映像伝送できるのがメリットだと感じました。今まで、衛星中継は大型の中継車が必要で、実際に利用するのは難しいと思っていましたが、コンパクトな可搬型局で中継ができるため、現実的な利用形態であることが分かりました。

損保ジャパン日本興亜とともにSOMPOホールディングスグループのグループ会社でありリスクコンサルティング事業等を展開するSOMPOリスクマネジメント㈱でも災害時通信の重要性から衛星通信の活用をコンサルティングメニューのひとつとしております。

PDF資料
SOMPOリスクマネジメント 行政機関危機管理・防災コンサルティングメニュー 8.衛星通信による防災
http://www.sjnk-rm.co.jp/service/municipal_crisismanagement/pdf/pamph_8.pdf